40代おじさんの備忘録

何を思ったか、突然「ブログを始めたい!」と思いつきで始めたもの。中身は後追いで。

ブログを始めてから約1ヶ月

 ブログを始めてから約1ヶ月が経ちました。まだまだ初心者で、記事も少ししか書いていませんが、現在の心境を記録に残しておきたいと思ったので、そうします。数年後に見たときに、「当時はこんなこと考えていたのか。」と懐かしむだけでもいいかと思っています。

 基本的には、「シンプルライフ(もどき)を目指す」を中心に記事を書いていこうとして始めました。今のところ、6件記事を書きましたが、半数の3件がシンプルライフに関することです。

 とにかく、「ブログ書くぞ!」と勢いだけで始めました。今のところ「書くこと自体」が目的です。他の人の役にたちたいとか、自分に有益だ無益だとか関係なく、勢いだけでやってる感じ(いつまで続くことやら・・・)。

 ブログを始めてから、普段の生活の中で「何かブログに書けることないかな〜。」とよく考えるようになりました。何気ないことでも「あ、コレブログに書けるかも。」と思いついたものはメモをとるようにしています。これまで、普段ぼーっとして生きてきたのですが、少しは頭を使うようになった・・・気がします。はい。少しですが。

 また、YouTubeなどの動画での投稿と違い、「文章で残す。」ということも頭を使うことにつながっている気がします(文章の構成とか、起承転結とかは全く考えていないのですが・・・)。こういったことが、今までになかった刺激になっていることは間違いないですね。

 ブログを始めてみてから気づいたことですが、ほぼ毎日ブログを更新している人は「すごなぁ〜」と感心します。正直、ブログを書くこと、書き続けることがこんなにも大変だとはおもいませんでした。パソコンで入力する自体はそんなに大変ではないですが、「記事になるネタを見つける」「画像を用意・加工する」ことが(少なくとも自分には)大変です。こういったことが楽しいと感じる人は、いわゆる「ブログに向いている人」であり、特に意識しないでも続けられるのでしょうね(羨ましい限りです)。

 こういった人は、FacebooktwitterといったSNSも楽しくやっているのでしょうか? 自分はSNSをまったくやらないのでよくわかりませんが・・・(楽しさが理解できないんです・・・)。

 ちょっと話がそれてしまいましたが、どんなことであれ、継続して行うのは大変だなぁと改めて思いました。すでにネタ切れ気味ですが、自分も慌てず・焦らず・諦めずの精神で続けて行こうと思います。