40代おじさんの備忘録

何を思ったか、突然「ブログを始めたい!」と思いつきで始めたもの。中身は後追いで。

断捨離:布団を処分してみた

 タイトルの通りですが、布団を捨てました。自分の中では、「かなりの大物を処分したなぁ〜。」という変な満足感があります。あくまで自己満足ですが。

 処分した実際のもの(みすぼらしくてすいません)。

f:id:y-_-y-_-y:20180413213732j:plain

 かなり長いこと使った布団です。20数年使ってるはず。愛着というか、ずっと使ってたものなので「何か捨てるものないかな?」と考えるとき、中々捨てる候補に入ってきませんでした。ですが、他の方の断捨離のHPなどを見ていて、「寝る」という行為に布団が必須というわけではないと思い始めました。「思ったら行動しよう。」ということで処分しました。

 

 そして、布団の代わりにしたのがこれになります。

f:id:y-_-y-_-y:20180413214826j:plain

 はい。寝袋です・・・。定番中の定番ですね・・・(他に思いつきませんでした)。ただ、自分は枕だけは処分できませんでした。枕があるとないでは寝心地が全然違います(寝相が悪いだけかもしれませんが・・・)。枕は偉大、必要です。

 寝袋の寝心地は・・・思ったほど悪くないです。3000円程度のもの買ったんですけど、しっかりしてます(あくまでも個人的感想)。ただ、布団と比べると、やはり布団に軍配が上がります。睡眠の質を追求するなら、布団最強だと思いました(寝袋も、もっと高級なものなら寝心地も違うのかもしれませんが・・・)。

 

布団を処分したことで、いっしょに敷布団のシーツと掛け布団のシーツも処分できました。これのおかげで、衣装ケースの中身も減らすことができました(これらも意外とかさばるんですよね・・・)。そのうち、衣装ケースの中身を見直すことにしましょう。きっと無駄・余分なものがあるはず。

 

 この記事を書いている時は4月でした。今のところ、寝袋でも寒くないので問題ないですが・・・冬が来たらどうなるか? また布団を購入するかもしれません。断捨離はしたいですが、そのために風邪引いたりしたら本末転倒もいいところです。「快適に暮らす」を忘れないようにしたいです。

 断捨離と快適は、相反するものではないと思っていますが、時にはそういう部分もでてくるでしょう。総合的に判断できるようになりたいです。

 

 何はともあれ、シンプルな暮らしに一歩近づけた・・・かな?。無理だけはしないようにして、ぼちぼち続けていけたらと思ってます。

 今回は以上です。